メインイメージ

腰痛患者さん増加中


昼間は暖かいですが朝晩冷え込む日が増えて来ました。

 

ここ最近寒さが影響してかギックリ腰が多いなと感じます。

 

腰を痛める原因の1つに腎臓の働きの低下があります。

 

腎臓は他の内臓と比べて体の外側に位置していて気温の影響を受けやすいです。

 

そうすると腰回りの筋肉が緊張して痛みを感じるようになります。

 

当院では腰の筋肉だけでなく腎臓など痛みの原因となる内臓を、徒手療法を使って

 

より良い状態にしていくことが可能です。

 

朝起きた時に腰が痛いのは注意が必要です。

 

もう一つの特徴として、トイレの回数が増えたらそれは腎臓の働きが低下したサインです。

 

                  


コメントをどうぞ

Spam Protection by WP-SpamFree

▲ページの先頭へ戻る