メインイメージ

保険診療(PNF療法)

腰痛・首肩痛・膝痛でお困りの方へ

腰の痛みでお困りの方へ

•    腰痛で本来の動きが出来ない方
•    腰や足の痛みシビレでお困りの方
•    イスから立つ時、腰が痛く体が伸びにくい方
•    イスに座るとすぐに腰が痛くなる方
•    ぎっくり腰の方
•    腰痛のためスポーツが出来にくくなった方
•    ヘルニアと診断された方
•    腰が痛くて仰向けになれない方 
(この様な症状には腰の・筋骨力合わせ術が大変大きな効果を持ちます)

 腰痛症は同じ痛みがそのまま継続し続けるより、強い痛みがでても何日かである程度は治まり、何ヶ月かするとまた痛みがでてくるの繰り返しが殆どです。
しかし何度も繰り返すうちに足にシビレがでてきたり、以前より回復に時間が掛かるようになり、徐々に悪くなります。
この様に腰痛を何度も繰り返すうちに、筋肉を休ませるだけでは腰痛を和らげることが出来なくなり、次に深刻な腰痛を招く危険が高まります。
この状態になると骨盤を動かす筋肉や背骨を支える筋肉の、力の伝達や動きの連携を改善させなければなりません。
例えば、人が真っ直ぐ立っている時、骨盤は斜めに傾いています。しかしイスに座る時この骨盤は水平になります。
また同じように背骨の曲がりも変化します。立っている時は前方にわん曲していますが、座ると真っ直ぐになります。
この姿勢の変化は周りの筋肉が支えています。
この様に骨盤も背骨も運動骨で、その運動は全て筋肉が行っています。
この連携がうまくいかなくなって困るケースは、イスに座ろうとする時に腰に痛みが出る人、逆にイスから立つ時腰がスムーズに伸びない人などが典型的です。
これは骨盤の回転変化や背骨の伸展・わん曲変化が姿勢について来れない状態を表しており、それが筋肉に不必要な負担をかけ、何らかの原因が加わると腰に痛みを出します。
 
これらの諸問題に対し神経筋整合法・筋骨力合わせ術は、腰痛の原因である動作連帯軸のズレを整合させながら、筋肉の働ける範囲を早期に回復させます。

 

gazou28

首、肩、腕の痛みでお困りの方へ

•    肩や腕の痛みで夜眠れない
•    肩が痛くて腕が上がらない
•    むちうち症の後遺症が辛い
•    首が傾き首、肩が痛い
•    肘が痛くて手に力が入らない
•    手首が痛くて手がつけない
•    肩こりが強く常に気分が悪い
•    首が痛くて動きの制限が強い
(この様な症状には肩・上肢関節力軸合わせ術により痛みは早期に改善します)

腕や手を使いすぎた時、肩や首に痛みを感じたことはありませんか?これは腕の付け根にある肩関節を覆う様についている三角筋という筋肉が、腕や手の状態を敏感に感じ取って肩や首に伝えているからです。
肩関節は他の関節より可動範囲の大きいソケット関節となっており、その支持を役目とする三角筋が常に肩・肘・腕などの状態をセンサーとして監視し、使い方を誤らないようにしています。
悪い状態をすぐに感じ取り、危険を肩・首に伝える働きをしています。そこでこの三角筋に一定以上の疲労が溜まると、直ちに首・肩・腕に防御機能を発揮します。
その方法は肩・肘・腕の関節軸をずらし、これらをつなぐ筋肉群の働ける範囲を狭めます。
しかし人間はこの事に気付かず普段通りに動かそうとしますから、必然的に筋肉に負担が強くかかり、自分ではことさら力仕事をしたつもりがなくても、知らず知らずのうちに負担を蓄積していきます。
首や肩・肘・腕などの痛みはこうした背景に何らかの原因が加わり発症します。
これら諸症状に対し神経筋整合法・上肢関節力軸合わせ術を用い、上肢の軸が合うと筋肉の働きが相対的に大きくなり、当然三角筋の運動許容量も増していきます。
これが他の上肢筋群の負担も同時に取り除き、痛みを早期に解消させます。

gazou29

膝痛でお困りの方へ

•    ヒザ関節の変形で歩くとヒザが痛い肩 
•    ヒザ関節が痛くてヒザの曲げ伸ばしのツライ方
•    階段の上り下りでヒザに痛みの出る方
•    ヒザに水がたまっている方
(この様な症状は関節の並び合わせ術で解消できます)

 

ヒトは日常生活で歩いたり、走ったり、常にヒザを使い続けています。通常であればその負担は筋肉が吸収してくれます。
しかし関節の動ける範囲が狭くなったり、偏ったりして問題が生じると、筋肉に無理な負担をかけることになります。
当初は軽い痛みや違和感程度の症状を筋肉より出します。
この状態が続くと筋肉は負担を吸収できなくなり、直接膝関節に負担をかけ、膝の軟骨が減っていきます。
また関節に水が溜まりやすくなってきます。
ヒザは自らを守るため、骨量を増加させ対応しようとします。
これが膝関節の変形です。
こうなると協同で働いていた股関節・足関節との運動軸にズレを生じさせ、膝が伸びない、曲がらない、O脚方向へ曲がってしまった、X脚方向へ曲がってしまった、など変形は進み悪化していきます。
階段はもちろん平坦な道でも歩行が困難になります。
これらの症状に対し神経筋整合法・関節並び合わせ術によって、股・膝・足の三関節の動きのズレを元に戻し、筋肉を健康にして痛みを解消して行きます。
 
早く対応して変形・痛みが悪化しない様にしましょう。

gazou30

 

治療コンセプト

当院の治療は「痛みに厳しく人に優しい」をモットーに、安全で効果的な治療技術を心がけています。

 
PNF神経筋整合法について

 

PNFとは固有受容器神経筋促通療法の略で、アメリカで研究・開発された治療法です。
痛みが出ていたり、働きの悪くなった筋肉に力を加えて刺激を与え、神経と筋肉の反応を高め、筋肉が本来持っている働きが出来るように信号を送り改善させます。
PNFはあらゆる痛みに対して、即効的に解消させ、さらに患部の状態を根本的に改善させる療法です。また大リーグの野茂投手を始め各種アスリートのコンディション作りにも広がりを見せています。

 
そしてこれを発展させたものがPNF神経筋整合法です。
各症状に合う微妙な手技療法を選択して、関節に抵抗を加え骨の傾斜角度を正して、関節相互の軸を合わせる事により、各関節の周囲筋との連動を改善し、狙った筋肉や関節の働きを急激に向上させて、急性の炎症や慢性の痛みを即座に解消させていきます。
又この療法の側面として、新陳代謝の活性化・ホルモン系の調整・活性酸素の抑制等の効果があり、健康増進に大いに役立ちます。
実際の治療はソフトで強い痛みもなく、子供から高齢者まで無理なくうけられます。

gazou31 gazou32

 

治療方法の原理
 

私たちの全ての動きは、神経より命令を受けた筋肉が担っています。この神経からの命令が、何らかの理由で円滑に伝えることができない場合、筋肉は充分な力を出せなくなり、場合によっては筋肉はその活動力を失う事があります。
これが神経麻痺の状態です。
これに対し筋組織に対して直接他力で内的刺激を発生させれば、その刺激に応じた神経伝達物質(アセチルコリン)が分泌され、神経筋連絡が回復します。
このことを神経筋促通と言います。
方法は最低2か所の関節に抵抗圧を加えて運動反射とマッチする連続運動を行います。
それにより神経伝達物質(アセチルコリン)を放出せざるを得ない状況を作りだします。
他方当院で行っているPNF神経筋整合法は関節抵抗は同様の原理を用いますが連続運動ではなく静止運動(動かない運動療法)の形態を取ります。
これにより通常の反射弓とは別に任意の反射弓を形成することが出来ます。
これは関節間の協調を円滑ならしめると共に筋肉の局所代謝を急激に向上させることができ、慢性痛・急性痛・代謝性の疼痛にも対応し解消させることができます。

 

治療方法の歴史

 

PNF療法の源流は、1930年代・オーストラリアの女性による民間療法から始まっています。
当時ポリオが世界的レベルで大量発症し、その後遺症としての神経麻痺が医学界の大きな課題となっている時、オーストラリアの女性が、その神経麻痺の改善に独自の治療法ですばらしい効果を高めていました。
この話が米国に伝わり米国でたいへんな話題となり、米国医学会がそのオーストラリア女性をニューヨークに招きました。
そのことをきっかけとし米国の当時理学療法士(後に神経内科医)であった、ハーマン・カバト先生の学問的研究として正式に医学界にデビューしました。
その後ハーマン・カバト先生は、1945年ワシントンDCにハーマン・カバト、リハビリセンターを開設し、米国での臨床をスタートさせその後、カリフォルニアの鉄鋼財閥であるカイザー財団の後援を得、カリフォルニア州・オークランドにて「カイザーカバト、リハビリ病院」を開設以後、臨床の中心を加州に移しその後、女性理学療法士であるマーガレット・ノットー先生に後事をたくしました。
そして、1968年そのマーガレット・ノットー先生の手によりPNF療法として全世界に発信されました。
しかし残念な事にその後、マーガレット・ノットー先生は乳癌で亡くなり、その確立は世界中の研究者の手によることとなりました。
現在の米国では、医学面ではカイザー記念病院(加州・オークランド市)が中心となり、臨床・及び研究が進んでいます。
又、PNFは運動生理学の面にも広がりその研究の中心は、スタンフォード大学が主になっています。

 

治療方法のこだわり

 

私が選び磨き上げてきたPNF(神経筋整合法)についてご紹介させていただきます。
この療法は私の師であり日本の筋肉学研究の第一人者である春日スポーツ医学研究所所長 春日啓先生により研究開発された手技療法であり、平成5年7月10日、日本内科学会近畿地方会で発表され、正式に効果が立証された手技療法です。
この療法には5400手法もあり、様々な疾患に対する治療法がそれぞれ確立されており急性・慢性を問わずあらゆる部位の痛みに対応することができます。
また強い力を使わないので子供から高齢者まで年齢、性別、体型に関わらず安全に治療することができます。
実際に治療を受けていただければ、その治療内容や効果に納得していただけるものと自負しています。

▲ページの先頭へ戻る