メインイメージ

  治療を通して元気のある楽しい生活を応援・提案します 

 

gazou1

DSCN0730 (1280x960)

埼玉県東松山市・熊谷市・坂戸市・嵐山町・小川町・寄居町からも近い治療院です  

滑川ベイシアモール近接 駐車場20台有り

交通事故、自賠責保険、むち打ち、ケガ、スポーツ障害 、整体、猫背矯正、ストレートネック、

骨盤矯正、O脚矯正、腰痛、肩こり、膝痛、肩痛、肘痛、ヘルニア、神経痛、リハビリテーションなどお気軽にご相談ください  

 

 

 

「News」さくら接骨院新着情報

 

<予約優先制のお知らせ>

 

 H26.9月10日(水)より予約優先制になりました。
 お電話での受付は診療時間内でお願いします。
  患者様にはご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

<6月の診療日程>

 

  6月4日(土)・・・院長が子供の運動会参加のため休診いたします。

  

  6月5日(日)・・・前日の土曜日の代診をいたします。

                            診療時間は土曜日と同様です。


            患者様にはご迷惑をお掛けしますがご了承ください。

 

 

 

 

受付時間

※予約優先制にて診療しています

月~金 9:00~12:30 15:00~19:30
9:00~14:00
休診日 日・祝休診

各種保険・労災・交通事故(自賠責保険)取り扱い
埼玉県比企郡滑川町羽尾2802-3
 滑川ベイシアモール近接

 

TEL 0493-57-2377

 

 

さくら接骨院ストーリー

私がこの仕事に就くことになったのは幼少の頃より柔道をやっていた事に由来します。この頃はケガが絶えなく、接骨院や病院によく通っていました。

 
そしていつしか治療家を志すようになったのです。

 
21歳で国家資格である柔道整復師(接骨師)を取得した後、接骨院・整形外科・リハビリテーションと様々な研修を行ってきました。この研修期間中は、人を治す難しさ、すばらしさ、命の輝き、尊さ、治療家としての喜び、苦しみ…さまざまな事を体験・学習できた期間でありました。この時期の経験により今の私の根幹が作られました。当時の師匠や支えていただいた方々に感謝するばかりです。

 
 2001年30歳にて生まれ故郷の地、埼玉県比企郡滑川町で実家を改築し「さくら接骨院」を開院しました。「さくら」は私の好きな花に由来します。桜の花の様に患者様を勇気づけられる治療院でありたいという思いがあります。今では馴れ親しんだ患者様には当院を「さくら」と呼んでいただいている様です。東松山市、熊谷市、嵐山町、小川町、寄居町からの来院患者様が多いです。

 
現在は皆様のお陰でさくら接骨院も地域ダントツ一番の治療院という自負と過信のもと、たくさんの方に支えられて成り立っています。来て頂いている皆様への責任として、これからもさくら接骨院は質の向上と共に気楽に来院できるフレンドリーな治療院を目指します。又治療面では常に患者様の満足を追求し、患者様と共に積み上げて行く医療を心がけて行きたいと思います。どうぞ末永くご愛顧宜しくお願い致します。

 

院長 野口明宏

 

gazou3

 

マンスリーコラム

 オスグット・シュラッター病(成長期の膝の痛み)について

 

一般的には「オスグット」などと略されていますが、正式な名称は「オスグット・シュラッター病」です。

成長期にスポーツの盛んな子供が発症することが多く「成長病」の一つとして扱われるケースが多くあります。

しかし本来は急激に身長が伸びたり、筋力が強くなるなどの変化によって発症するものが「成長痛」なのです。

急速に骨が成長し、その骨の成長速度に、筋肉や腱の成長が追いつかない事も原因の一つで、成長期に発症するのが、オスグット病です。

子供の骨には軟骨が多いので運動による強い牽引作用により、繰り返し負担がかかる事で、腱の付着部位に痛みが発生する障害です。

◎特徴・・・運動時に強い痛みを感じる

       膝の下部に腫れ、熱感がある

 

 

オスグット

 

 

 

この症状は、骨折などと異なり、ある程度動くことも可能な疾患です。そのため運動を継続させ症状を悪化させてしまうケースもあります。

治すためには大腿四頭筋(ももの筋肉)の柔軟性アップが重要ですが、四頭筋のみストレッチしても柔軟性を獲得できるものではありません。

筋肉には主従関係があり四頭筋の拮抗筋であるハムストリングス(ももの後ろの筋肉)を第一にストレッチするのがセオリーです。

こうしてハムストリングスの柔軟性がアップすれば四頭筋の柔軟性はおのずと回復されて行くものです。

この疾患はスポーツ障害の一種でもあり、正しい治療が求められる炎症性の疾患ですが、あまりにも悪化させてしまった時はスポーツ活動を休み炎症状態が治まるまで安静にすることも必要になります。